マーマレード日記

精神を1度病んでしまった人が書く簡易的なブログです。

いらっしゃいませ!情報局へようこそ!


ゆっくりしていってくださいね♪

【公務員】安定の時代は終わりなのか!?公務員から転職したい方が増えている件。

おはようございますぅ。

 

 

情報局のyutaです。

 

 

昨日の記事にコメントくださった方、ありがとうございますぅ(。_。*)

 

 

情報局開始してから初めてコメントに返信しました(笑)

 

 

また1つ目標を達成しました、頑張るぞ🤗

 

 

さて、今不要不急の外出、さらに仕事もできるだけ控えるか、リモートワークに切り替えるように勧められています。

 

 

そんな中そんなの関係なく頑張って働いているのが公務員です。

 

 

公務員はリモートワークなんて難しいですし、なにせ今生活が困窮していて助けを求める人の対応に追われています。

 

 

特に現金給付が決まった今、申し込み方法が郵送やインターネットでも、やり方がわからない人は役所や社会福祉協議会などに聞きに行きますよね。

 

 

高齢者はオンラインで申請するにはスマホやパソコンがないといけませんし、まず申請する際どこのサイトから申し込みできるのかなんて探すのも一苦労だと思います。

 

 

そんな時、役所で働いている公務員の存在というのはかなりデカいですよね!

 

 

こんな「人のために利益を求めず働く」姿に憧れを抱いている方は多いのではないでしょうか!

 

 

圧倒的人気職である公務員、しかし現状はかなり大変のようです。

 

 

 

公務員から転職したい20代が増えている

headlines.yahoo.co.jp

 

 

この記事は2019年3月の記事なので、今のこのコロナショックで現状はかなり変わっていると思います。

 

 

あくまで参考程度に載せておきますね。

 

 

大手エン・ジャパンの調査では3月の時点では主に20代の公務員が転職したいと希望している人がかなり増えているのとのこと。

 

 

20代の公務員なので給料もそんなに高くないし、仕事も多いでしょうから大変なのかもしれませんね。

 

原因はなに?

 

終身雇用制度

 

さらに終身雇用制度に疑問を抱いた方が多いようです。

 

 

終身雇用制度は定年まで悪いことしない限りずっと働けて、ずっと安定した給料がもらえる制度です。

 

 

さらに公務員ってよく「天下り」という言葉、聞きませんか?

 

 

天下りというのは、定年迎えたあとにですね、公務員とのつながりが深い民間企業の会長になったり、特殊法人(政府系の企業)の社長になったりすることを天下りといいます。

 

 

まあ天下りできるのはかなり知名度を持った人なんですけども(笑)

 

 

こういうのが公務員ではよくある話みたいですね。

 

 昇給が大変

 

公務員は利益を求めず、国民のために働いています。

 

 

国民が払っている税金から給料が出ているからです。

 

 

ですので給料が減ることはほとんどありません。

 

 

「公務員はいいなー」って思うかもしれませんが

 

 

給料は安定している分、増えるのがなかなか大変だということです。

 

 

 公務員は結果を出したからといて給料が増えることはありません。

 

 

ただいつまでも同じ給料というわけにもいきません。

 

 

ですので公務員は年功序列で給料が上がることがほとんどです。

 

 

長くいたほうが給料がよくなっていくんですね。

 

 

ただ20代の方はまだ給料が低いですし、今リモートワークが流行ってきました。

 

 

公務員はリモートワークなんて言う最先端の働き方を導入するのはなかなか難しいですよね…。

 

 

給与も上がらない、効率が悪いと考えてしまう方が多いのかもしれません。

 

 

仕事量が給料に見合っていない

 

皆様考えて見てください。

 

 

警察官や消防士、自衛隊など、公務員はたくさんありますが

 

 

これらは働く人を守る労働基準法は適用されません。

 

www.vbest.jp

 

 

この方の記事に詳しく載っていますのでぜひ見てみて欲しいのですが

 

 

例えば警察官なんてどうでしょうか。

 

 

警察官が毎日朝9時に出勤して18時に帰れるかと言ったら、そうではありません。

 

 

それだったら夜は誰が国民を守るの?ってなりますよね(笑)

 

 

当番制ですが夜勤もありますし、宿直業務ももちろんあります。

 

 

それにプラスして悪いことをしている人を取り締まったり、パトロールをしたりしているわけです。

 

 

ブラック企業は除きますが、ワークライフバランスが比較的取れる民間企業に憧れるのも仕方がないかもしれませんね。

 

 

 

公務員から転職するリスク

 

ここまで公務員がなぜ転職をするのかをお伝えしました。

 

 

公務員も決して楽ではないということですね。

 

 

 もちろん転職をするのは自由なので民間企業に行ってもいいと思いますが

 

 

注意することがあります。

 

 

無利益から利益を求めたサービス提供

 

 公務員の時は税金で給料が支払われていたので

 

 

ボーナスなどが下がったりすることがありませんが

 

 

民間企業はそうではありません。

 

 

民間企業は表向きでは「お客様のため」としていますが

 

 

利益が出ないと企業はつぶれてしまうので裏では「何がなんでも利益」なんです。

 

 

お客様がその商品いらないからあきらめるではありません、利益を出すためにはどうしたらいいのか、常に考えないといけません。

 

 

これは営業になりますが、IT系もそうです。

 

 

お客様がこの通りにこの期日までにプログラムを完成させてくれと言われたら何が何でも完成させないといけませんし、残業してでも締め切りに間に合わせないといけません。

 

 

会社の信用につながり、会社の利益にも繋がるからです。

 

 

公務員ではこれでも良かったのに、民間企業ではダメという

 

 

カルチャーショックではないですけども(笑)

 

 

業務内容や働き方がかなり違うので「転職しなければよかった」と思っちゃうかも、後悔しちゃうかもしれないのです。

 

 

安定していた給料から不安定な給料へ

 

公務員は先ほどもお話ししたように、年功序列なので

 

 

給料は上がりにくいかもしれませんが、安定しています。

 

 

しかし民間企業はどちらかというと逆です。

 

 

営業の場合、結果を出した分給料は上がります。

 

 

しかし結果を出さなければ少ないんです。

 

 

さらに会社の業績によってボーナスが下がったり、手当を下げたりなどもちろんあるわけです。

 

 

安定を選ぶか、高い給料を選ぶのか、もう一度考えて方がいいと思います。

 

 

【まとめ】隣の空は青いように、どちらもメリットがある

 

 

公務員も会社員もどちらもメリットがあります。

 

 

結構悩みますよね(笑)

 

 

だから転職するかの前に、自分がどういう将来像を描くかで決まると思います。

 

 

お金持ちになりたい、いずれは起業したいのなら会社員になるのもいいと思います。

 

 

ただ安定した生活を送りたい、国民のために働きたいのであれば公務員の方がベストだと思います。

 

 

yutaも会社員ですけども、利益を求めるしんどさは本当にきつい(笑)

 

 

会社のためになんか正直働きたくねぇ!!!

 

 

yutaみたいな人は公務員の方がいいかもしれませんね(笑)

 

 

ご覧頂きありがとうございました_(._.)_

 

 

 

 

最後までありがとうございますぅ(._.)


まだまだゆっくりしてね笑

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 その他日記ブログ