マーマレード日記

精神を1度病んでしまった人が書く簡易的なブログです。

いらっしゃいませ!情報局へようこそ!


ゆっくりしていってくださいね♪

【民営化】郵政民営化は成功だったのか?〜後編〜

前半の続きです。

 

 

ここで郵政の今の仕組みを見ていきたいと思います。

 

 

f:id:ma-ma0do:20200402214249j:image

(郵政民営化Wikipediaより)

 

 

郵政は3つの事業があります。

 

 

郵便・郵便貯金・簡易保険と国営の時は呼ばれていました。

 

 

そして郵政民営化により、この3事業は1つの会社でやるのではなく、3つの会社に分けることになりました。

 

・日本郵政(3つの会社の持株会社)

・日本郵便(郵便業務)

・ゆうちょ銀行(郵便貯金)

・かんぽ生命(簡易保険)

 

 

このように3つの会社を作って、それぞれ引き継いだわけですね。

 

 

そしてこの3つの会社を管轄する親会社の言うのが日本郵政です。

 

 

日本郵政の株は政府が持っています。

 

 

この4つの会社を総じて「日本郵政グループ」といいます。

 

 

郵政民営化の目的はこの3つのうちの2つを完全民営化させることです。

 

 

2つというのはゆうちょ銀行とかんぽ生命です。

 

 

これらはいずれ日本郵政グループから外れることになっています。

 

 

日本郵便は株式会社ですが、上場はしていなくて

 

 

日本郵政が100%持つ子会社です。これは民営化になっても変わりません。

 

 

しかしゆうちょ銀行、かんぽ生命は今は日本郵政が株を持っていますが

 

 

いずれ日本郵政はゆうちょとかんぽの株を0にしないといけないという決まりがあるんです。

 

 

つまり郵政民営化が終わったと言える状態は

 

 

政府→日本郵政→日本郵便

 

 

だけになるということです。

 

 

お気づきの方もいるでしょう?

 

 

前編で言った「民営化したら3事業以外できるんですよ」と言うメリットは

 

 

これを見る限りどうでしょうか?

 

 

むしろ3事業から郵便だけになっていますよね。

 

 

実は郵政民営化は今のところ、郵便事業は完全民営化にはなりません。

 

 

ユニバーサルサービスを義務付けているのもあってか、政府は3分の1は民営化後も日本郵政の株を持ち続けることになり

 

 

日本郵便は今のところずっと日本郵政の子会社ですから100%離れることはありません。

 

 

つまり郵便事業は民営化しないんです。半官半民といったところでしょうか?

 

 

郵便貯金と簡易保険、これを完全に民間企業にさせるための政策としか見えません。

 

 

だからこの郵便貯金も簡易保険で集めたお金をアメリカに流したかったのでは?という意見もあります。

 

 

しかもゆうちょとかんぽは元々郵便局と繋がりが深い組織です。

 

 

つまり郵政グループから外れてしまったらなんの会社なの?ってなります。

 

 

郵便局があったから、郵政グループに入っているから今維持できているサービスですから

 

 

完全民営化しても恐らく郵便局とは繋がりが断ち切れませんよね。

 

 

なら半官半民の郵便局に業務を委託することになります。

 

 

これって民営化って言えますか?

 

 

結局何も変わっていません。

 

 

それにサービスの質が良くなる。

 

 

本当ですか?

 

 

貯金金利0・002%に下げ ゆうちょ銀(産経新聞) - Yahoo!ニュース

 

 

これは政府の低金利政策が響いているのである程度仕方がありませんけど

 

 

どんどん悪くなっていってますよ?

 

 

郵便局は半官半民だから民業圧迫によってサービスの質が向上できない。

 

 

ゆうちょとかんぽは完全民営化しても結局1人じゃ何も出来ないから郵便局に頼る

 

 

つまりまた民業圧迫と言われてサービスの質は求めれない。

 

 

なんのために郵政民営化だったんでしょうね。

 

 

ゆうちょとかんぽという名前を捨てない限り民営化にはならないと思いますね。

 

 

なんでも民営化させたらいいってもんでは無いんですよ。

 

 

何もノウハウや民間のやり方がわからない元国家公務員の人たちが

 

 

「今日からお前らは営業マンだ」

 

 

なんて言われたら何もできるわけが無い。

 

 

競争するからサービスの質が上がる訳では無いんですよ。

 

 

最悪倒産する可能性もあることを考えないといけません。

 

 

「ゆうちょとかんぽは最悪無くなってもいい、倒産しても仕方がない」

 

 

という覚悟がいるわけです。

 

 

民間企業になりたいわけなんですから。

 

 

結論!

 

 

ゆうちょとかんぽと郵便局は繋がりがないと何も出来ないからもう一度国営化させてもいいと思う。

 

 

まあ株をかなり手放していますからまた買い戻すのは大変です。

 

 

無理な話かもしれない、あくまで一つの方法ですけどね(笑)

 

 

郵便局はもういらない、ゆうちょとかんぽはリスクを負ってでも名前を変えてでも民間企業にするのなら話は別ですけどね。

 

 

それでもいいと思う。銀行と保険会社なんて日本にはたくさんありますし。

 

 

正直どっちでもいいかも(笑)

 

 

要は今は中途半端ってことです。

 

 

結局どうしたいのかが見えないんですよね。

 

 

皆様は郵政民営化についてどう思いますか?

最後までありがとうございますぅ(._.)


まだまだゆっくりしてね笑

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 その他日記ブログ