マーマレード情報局

簡易ブログですが、役に立つ情報をお届けいたします。

いらっしゃいませ!情報局へようこそ!


ゆっくりしていってくださいね♪

働くことに生きがいを感じる必要はない

おはようございますぅ

 

 

yutaです。

 

 

最近更新頑張ってるでしょ?

 

 

頑張ってるんですよーはい笑

 

 

今のyutaの生きがいではないですけど、趣味ですからね、頑張ってるというより書きたい思いが強いのです。

 

 

だから毎日書いてる、そういうことです。

 

 

さて、生きがいと言いましたが、皆様は何に生きがいを感じていますか?

 

 

生きがいというのは「生きてる甲斐が有ること」

 

 

つまりこれをしてるから生きている、これをするために生きているという意味です。

 

 

大抵の社会人は「働くこと」に生きがいを感じてるいるのではないでしょうか?

 

 

もちろんそんなことないよーって思う方もいると思います。

 

 

でも就活をする時、会社を選ぶ時こう思うはずです。

 

 

「やりがいのある仕事」

 

まあ生きがいとは少し違うかもしれませんが、生きがいの1歩手前の言葉だとyutaは思います。

 

 

ではやりがいの仕事ってなんでしょうか?

 

 

実は会社に入る前ではそんなことわからないです。

 

 

だってそうでしょ?新しいラーメン屋に入る時、ネットみて口コミを見ても、ここは必ず美味しいなんてわかりますか?

 

 

食べてみないとわかりませんよね。

 

 

就活も同じです、やりがいがあるかどうかはやってみないと分からないんです。

 

 

っていうかそもそもやりがいというのはその人によって違います。

 

 

例えばAさんとBさんがいたとしましょう。

 

 

Aさんは話すのは苦手でモノを作るのが好きです、一方Bさんはコミュニケーションが得意でそこまで器用じゃないだとします。

 

 

まず2人をライン作業系の製造職につかせてみましょう。

 

 

Aさんはモノを作るのが得意ですから、製造職はピッタリの仕事

 

 

Bさんはコミュニケーションが得意なんだから、ずっと同じ作業を1人で黙々とやるライン系は苦手

 

 

と思うかもしれませんが?

 

 

もしかしたら逆なのかもしれません。

 

 

Aさんは作るのは得意だけど、人と話すのが苦手だから職場で上手くやっていけないかもしれない。

 

 

一方Bさんは仕事は慣れるのに時間がかかるかもしれませんが、職場の人と上手くやっていくことができてそのまま続けるかもしれない。

 

 

AさんよりBさんの方が「やりがい」を感じるのかもしれません。

 

 

やりがいがある仕事って求人によく書いてますが

 

 

そんなの当たり前です、そう書かないと人は来ませんから笑

 

 

じゃあ実際にやってみればいいのです、だけど不安はあります。

 

 

転職回数が多いと日本は就職出来にくくなっていきます。

 

 

そんな不安に思う人は多いでしょう。

 

 

ならどうするか、やりがいを捨てればいいのです。

 

 

仕事は確かに24時間の中で最も長いですが

 

 

ただそれだけです、残りの時間は自分の自由なんです。

 

 

例えば仕事終わったあとにどこかに飲みに行ったり

 

 

遊びに行ったり、買い物したり、家族とすごしたり

 

 

なんでもいいんです。

 

 

この残りの時間を大切にするのもひとつの「生きがい」ではないでしょうか?

 

 

この残りの時間を幸せにするためにはやはり働くことしかありません。

 

 

お金が無いと何もできませんからね笑

 

 

そのために頑張るのもひとつ考えだと思いますよ?

 

 

趣味のために頑張る、そういうことでもしかしたら自然と仕事にもやりがいを感じるかもしれませんからね。

 

 

人間とは不思議な生き物ですね。

 

ではまた。

 

plustalk

心療内科は予約時間+30分ぐらい待たされます。

最後までありがとうございますぅ(._.)


まだまだゆっくりしてね笑

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 その他日記ブログ